プラモ狂八郎(ぷらもきょうやろう)・・・の前の事前準備 | えんじにか

えんじにか

元エンジニアがセラピストになっちゃったブログ。iPhoneや日々の雑多など個人的に気になったことを綴っています。

プラモ狂八郎(ぷらもきょうやろう)・・・の前の事前準備

   

どうもです。プラモ今日やろう!ということでダジャレなわけですが何か?

ワタクシ今までちゃんとプラモを作ったことがありません。
作った事があるのはBB戦士ぐらいなので、店頭にディスプレイされているようなプラモにするにはどうしたらよいのか?

と思って、いちばんやさしいガンプラ「超」入門という本を買ってみました。ガンプラ以外のプラモも基本的には同じだと思っていますので、「仕事に必要なことは全てガンプラが教えてくれた」みたいな本を将来執筆したいものです。ウソです。
ガンダムだからって、ウッソ・エヴィンですとは言いませんよ。えぇ。

プラモデルを作ろう!

プラモ作りに必要な物

  • ニッパー
  • ピンセット
  • 替え刃式ナイフ(メッキ加工パーツがある場合。百式とか)
  • プラモデル(書く必要あるんか)

ガンプラは過去に1、2度作ったのですが、その当時自宅にはニッパーがなかったので(あったのは父親の金属ニッパーだった)全て手作業だった記憶がありますが、パーツのあちこちが粗い仕上がりでした。

入門本にも最低限必要な物はニッパーと書いてある通り、ニッパーは準備した方がキレイに仕上がります。
ちなみに、ベビーニッパーが一本余っているので欲しい人がいたらあげます。

自分が使っているニッパーはこれ↓

自分が使っているピンセットはこれ↓

メッキ加工パーツがある場合必須アイテム↓

プラモデルはもちろん自分が好きなもの、組み上げたいものでいいと思いますが、個人的には、2〜3個は練習用のつもりで出来映えがあまり気にならない物を買った方がいいと思います。
自分は最初はガンキャノンにしてみました。安いし。

ガンプラを選ぶ時に、PG(パーフェクトグレード、1/60スケール)、MG(マスターグレード、1/100スケール)、HG(ハイグレード、1/144スケール)、RG(リアルグレード、1/144スケール)などグレードの種類がいくつかあるため悩むかもしれませんが、個人的にはHG(ハイグレード)が良いと思います。

サイズ的には1/144スケールなので13cm程と一番小ぶりですが、金額も安いのでニッパーの扱いに慣れるのに最適だと思いますし、失敗しても金額が高いもので失敗するよりはダメージが少ないです。

作ったプラモをもっとグレードアップしたい

スミ入れを行う

プラモデルのミゾに線を引く作業を「スミ入れ」と言う。スミ入れを行うと境界線がはっきりして、印象がガラッと変わります。

▷スミ入れに必要な物

  • スミ入れ用ペン
  • 消しゴム

細い線や明るいパーツで使用↓

シャーペンの芯、補充用0.3mm↓

上記以外の色が濃い部分に使用↓

グレーの極細ペンもあるようなので、手に入る人はシャーペンではなく極細ペンを使ってもいいと思います。

ツヤ消しを施す

つや消しスプレーを使って、パーツのツヤを消すことで落ち着いておもちゃっぽさが無くなる。スミ入れとシール貼りを終えてからツヤ消しを施す。スプレーを吹き付けるだけなのでとっても簡単。

▷ツヤ消しに必要な物

  • つや消しスプレー
  • 持ち手
  • 乾燥台
  • 手袋
  • マスク

スミ入れペンのインクがにじみづらい↓

自作するのが面倒な方↓

こちらも自作するのが面倒な方↓

塗料が手につかないように↓

スプレーを吸い込まないために↓

こだわり仕上げ

ニッパーで切り取ったあとを替え刃式ナイフでキレイにしたり、自分でしっかりと陰影を表現したり。自分のこだわりを形に。ここは個性が出る部分かなと思います。
▷仕上げに必要な物

  • 替え刃式ナイフ
  • ガンダムマーカー
  • 塗料

ニッパー後をよりキレイにするために↓

色塗り用に先細タイプのセット↓

もっと多様な色を自分好みで再現↓

まとめ

いやープラモデルって結構奥が深いですね。まずはスミ入れまで着手して、つや消しやこだわりの仕上げはもうちょっと経験値を積んでからかな。

模型ファクトリーなるお店が新宿にあることを初めて知りました、近々行ってみよう。
 プラモ狂八郎(ぷらもきょうやろう)・・・の前の事前準備模型ファクトリー | 新宿の模型店。エアブラシ塗装も出来る製作スペースを完備 プラモ狂八郎(ぷらもきょうやろう)・・・の前の事前準備

 - ▼プラモデル , ,

AdSense

AdSense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Current ye@r *

  関連記事

slooProImg_20140416113428.jpg
東京近辺のモデラー御用達!?模型ファクトリーに行ってみた。

新宿近辺でプラモを探していたところグーグルの検索結果に出てきて気になっていたお店 …